!本サイトは性的な内容を含めるので、18歳未満の方の閲覧を禁止致します。
日本語  中文版

2018年2月6日火曜日

六欲姫ユーカ新しいバージョン(Ver2.00)を更新しました。


お待たせしました、六欲姫Ver2.0のアップデートをリリースしました。
今回は全ボス会話イベントを中心に更新しました。

Ver1.55->2.00
- 内容追加:
1. 全ボス会話
  ボス戦の時、ルース以外のキャラが専用会話を追加しました。ルース対全キャラの会話は後日談がありまして、今回は追加しません。(特にルース参入時点で本編の一年後から、会話はほぼ成立できません)

そして全ボス会話の内容は一部人物関係のネタがありまして、ここて簡単に説明します。
ジレレンとルルムのような名前中はひとつ重複の発音があるキャラは北からのキャラです。
ジレレンは元々ノルル村の村長家の隣の店で展示していたスマホで、毎日毎日ルルムと村長を見ていたです。
(事件後、ジレレンの世界征服本部は村長家の地下があります)

恋陽の森は一部は遊園地ですか、一部は一般人が入れない禁区です。禁区内はいろいろ珍しい植物と動物があって、国の生物科学者は大体そこの常連です。小雪精の主人であるリム博士もそこの知名人物。だから実は元々こもりは小雪精を知っています。
(実はこの関係は新作を企画する時発見しました… だから次回作はこもりはNPCにとして出番します)

2. 異変マップ
元々もう一つの難易度を追加する予定ですが、でももう一つ難易度を追加しても特に面白いことがないから、その予定は異変マップに変更しました。

異変マップは難易度ADVANCE以上とメインミッションの六大ボスのステージをクリアしたと、異変マップを選択できます。異変マップなら、敵のレベル固定で、道中の民兵は後日談で出現する軍用の雑兵になります(盾タイプはそのまま)、そして全部のボスは一つ行動パターンを追加します、大体元使えないチップの特殊攻撃です。そしてクリアするとボスから新しい武器部品をドロップします。それなら、全ボス会話の要素と一緒に楽しめると思います。

3. ギャラリーモードでキャラの服装と敵の透明度を切り替え
要望からの機能です、F1なら服装、F2なら敵の透明度を調整できます。
全部の敵は対応できませんが、出来る限り対応します。

- 仕様調整:
1. 足の損害影響度を軽減
要望からです。そんなに遅いならいろいろ不便ですから。

- 不具合修正:
1. 一定条件下、ワープポイントは動作しない不具合
  実は発生タイミングは1フレームだけ...

2. 誤字修正。

3. 細かい不具合修正。


これからは新作を開発するから、多分新しい内容を追加しませんが、不具合の修正も受付ます。
新作もよろしくお願い致します。

2018年2月1日木曜日

近況報告ー201802


新しいの一年が一ヶ月を過ごしました、時間の流れは早いですね...

この時期はみんな忙しいだから、最後のアップデートは完成したですが、翻訳と校正は前日で完成した、早速テキストをゲームに入れるが、多分この数日内で更新します。
(同人ならこれからは台湾のコミケみたいな同人即売会FFがあって、企業なら先週で台北は台北ゲームショウがあって、そしてこれからは旧暦の新年があるから、みんな忙しいそう...)


今回のアップデートは:
- 異変マップ:元々のもう一つの難易度のものからの要素、詳しくはアップデートの時を説明します。

- 全ボスの会話:ボスキャラ対ボスキャラの専用会話。でもルース対他のキャラの会話は後日談があるから、ルース対他のボスの会話はそのまま。

- この間の要望:複雑ではない要望なら追加しました。

2018年1月1日月曜日

明けましておめでとうございます



明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

六欲姫ユーカの発売はもう半年で、最後のアップデートの開発はもそろそろ完成しました、あとは翻訳と校正だけです。もうすぐ新作の開発は始まります。

新作はいろいろ基本エンジン的にの部分を改善する予定です。六欲姫は大体機工姫のエンジンを使い続けるから、開発後期の時はいろいろ不便のことがありました。エンジンの更新を含めって、新作の開発は一年半を必要と思います。

新作について、企画は大体完成しました。機工姫のような探索系2D横スクロールACTです。今作の舞台は恋陽の森の禁区です、ロボットは人間の子と宿り出来るの技術を開発ために、リム博士の一行は禁区に古代魔獣を研究します。プレイアブルキャラはジレレンと小雪精ふたり、動物因子と融合する研究のため、いろいろ動物形態があります。そしてすべて動物形態に対してHイベントがある予定です。ご期待してください。

みんなさんに今年もよろしくお願い致します。

2017年12月1日金曜日

近況報告



気が付かないうちに2017はもうすぐ終わった、なんたが時間の流れが速いと思います。

最近六欲姫はやっと一段落になりました、これからはSteamで販売作業を進みます。Steamバージョンは一般向けのバージョンだから、一般向けバージョンは一部仕様は削除しますから、多分調整のためにちょっと時間をかかります。

この間はちょっと休憩を取って、簡単なゲームを作っています。毎回3Dなアクションゲームを作りますから、この休憩用なゲームは2D RPGを試します、元々六欲姫の派遣任務の仕様は放置系のもので、でも六欲姫のシステムと向いてないと思うから、その仕様は独立して今回のRPGになります。

今作のシナリオは極めて簡単、陵辱要素もない、でもいつもゲームをプレイできて、ゲームウィンドウを最小化してもシステムの負担をしませんもの。目指すのはヒロインと一発したい時いつもヒロインを呼び出して一発をできるゲームです。

順調なら、多分来月で体験版をリリースします。
でも今作は試すのものが多いから、ご期待してくださいを言わない、でもいいゲームになれるようにがんばります。

2017年11月24日金曜日

六欲姫ユーカ新しいバージョン(Ver1.55)を更新しました。




今回はいつも要望したボスのトラウマイベントとラスボス戦の会話イベントの回想を追加します。元々ギャラリーモードで追加したいですが、システム的にの問題で、最後はサブミッションの形で追加します。

Ver1.54->1.55
- 内容追加:
1. トラウマイベントとラスボス戦の会話イベントの回想追加。
  一度閲覧したと、サブミッションで”「回想」トラウマ”など閲覧ことができます。
  閲覧の便利さのため、トラウマ回想ステージクリアしでもラボに戻らないから、
  ラボに戻るのはポーズメニューで戻ります。

- 不具合修正:
1. プロローグイベントでユーカの演出修正。
  後日談更新したと発生した不具合です。

2. 細かい不具合修正。



============
新しい不具合を発生しないのために、今作これからは多分仕様の変更を抑えます。

2017年11月1日水曜日

新作のいろいろ



やっと後日談の内容をアップデートしました、これからは六欲姫の更新はいくつがあるが、でも新作の企画を始まることができます。

新作のキャラデザインはほぼ完成です。ラスボスのデザインも完成ですが、でもまだ公開しません。今回の舞台はある一般人に立入禁止の遺跡で、主人公ジレレンはその遺跡に潜入し、禁忌のヒミツを探求します。リム博士一行は遺跡の古代魔獣を研究しているから、その場でリム博士(緑髪のあのキャラ)と出会い、小雪精と一緒に探険用ロボットとして遺跡に探険します。
だから他のキャラは探険用服を着ているが、ジレレンだけ変な服を着ています。

今作なら、以前作ったシステムと違い、タッグのアクションゲームを挑戦します、遺跡探険はジレレンと小雪精ふたり一緒にコントロールして進行します。今回のテーマは遺跡探険ですから、今作の敗北CGは以前より少ない(と言っても、実は機工姫と同じ)、代わりに遺跡のパズルを解く時のHイベントCGが多い、一部はふたりで一緒に謎を解くなら3Pイベントも発生します。一般敗北CGはひとり敗北とふたり敗北のCGがあります、ボス戦はふたりいるだけで挑まれるから、敗北CGは3Pだけです。だけと今作多分ボス戦敗北CGも一種類だけです。

実は六欲姫の後日談でタッグシステムを試したいですが、でも元々完成したゲームだから、この要素を追加するなら本編のとあるステージを影響します。だから後日談の時ルースだけで操作できるで、ナーシは動けません...。


新作もよろしくお願いします。

===============

コメントを回答した時、英語版についてのことを少し話します、
前作はDLSiteの英語サイトにも販売していますが、でも英語のバージョンがないから、そちらのコメントは好評ですが、英語がないからちょっと残念のメッセージがあります。だから現在六欲姫はまだ英語サイトで販売していません、英語の翻訳を待っています。
(日本語と中国語と両方自分で書けるですが、英語はダメです… 専門の翻訳に頼まないでいかない)
元々八月で完成するが、事情があってもう一度翻訳の依頼を発注しましたから、多分今月で完成できます。

2017年10月26日木曜日

六欲姫ユーカ ルースが使用可能と後日談を追加しました。



お待たせしました、後日談の更新は完成しました、
後日談はゲームクリア以後、および新しい周回に入るなら、
機核空間に入れる時イベントを開始します。
そしてルースの機核空間を攻略可能になります。
(難易度設定はSTANDARDクリアしても攻略可能です)
ルースの機核空間をクリアするなら、直接に後日談に突入し、
そして後日談のステージはサブクエストに登録します。
後日談の一番のステージクリアすると、ルースが参入します。



今回追加したの内容は、
使用キャラ:ルース
ルースの敗北CG1つ。
後日談ステージ3つ、使用キャラはルース限定。
そして高難易度ステージ3つ。
前作からの敵1つ、
新規のボス1つ。
武器部品:ルースの専用装備2つと要望の支援攻撃不発の装備1つ追加。
専用BGM1つ、実はこの前に発売したOST内にも収録しました。
八番目の支援武器を追加。

-> Ver1.51
- 誤字修正
- 細かい不具合修正

-> Ver1.52
- 機核空間の不具合修正

-> Ver1.53
- パフォーマンス少し改善
- 一部リアルライムHシーン修正
- ギャラリーモードでウイルスの表現追加
- 細かい不具合修正

-> Ver1.54
- 認識遮断装置の不具合修正

================================
やっと後日談とルースの部分を完成しました。
これからのアップデートは事情があって日時を約束しませんが、
できるだけ早めに完成します。

そして実は次回作の企画は動いていますから、
こちの作業はまだ六欲姫を中心ですが、他の方は既に次回作を準備しています。
今月末の記事に少し情報を公開する予定です。