!本サイトは性的な内容を含めるので、18歳未満の方の閲覧を禁止致します。
日本語  中文版

2017年11月24日金曜日

六欲姫ユーカ新しいバージョン(Ver1.55)を更新しました。




今回はいつも要望したボスのトラウマイベントとラスボス戦の会話イベントの回想を追加します。元々ギャラリーモードで追加したいですが、システム的にの問題で、最後はサブミッションの形で追加します。

Ver1.54->1.55
- 内容追加:
1. トラウマイベントとラスボス戦の会話イベントの回想追加。
  一度閲覧したと、サブミッションで”「回想」トラウマ”など閲覧ことができます。
  閲覧の便利さのため、トラウマ回想ステージクリアしでもラボに戻らないから、
  ラボに戻るのはポーズメニューで戻ります。

- 不具合修正:
1. プロローグイベントでユーカの演出修正。
  後日談更新したと発生した不具合です。

2. 細かい不具合修正。



============
新しい不具合を発生しないのために、今作これからは多分仕様の変更を抑えます。

2017年11月1日水曜日

新作のいろいろ



やっと後日談の内容をアップデートしました、これからは六欲姫の更新はいくつがあるが、でも新作の企画を始まることができます。

新作のキャラデザインはほぼ完成です。ラスボスのデザインも完成ですが、でもまだ公開しません。今回の舞台はある一般人に立入禁止の遺跡で、主人公ジレレンはその遺跡に潜入し、禁忌のヒミツを探求します。リム博士一行は遺跡の古代魔獣を研究しているから、その場でリム博士(緑髪のあのキャラ)と出会い、小雪精と一緒に探険用ロボットとして遺跡に探険します。
だから他のキャラは探険用服を着ているが、ジレレンだけ変な服を着ています。

今作なら、以前作ったシステムと違い、タッグのアクションゲームを挑戦します、遺跡探険はジレレンと小雪精ふたり一緒にコントロールして進行します。今回のテーマは遺跡探険ですから、今作の敗北CGは以前より少ない(と言っても、実は機工姫と同じ)、代わりに遺跡のパズルを解く時のHイベントCGが多い、一部はふたりで一緒に謎を解くなら3Pイベントも発生します。一般敗北CGはひとり敗北とふたり敗北のCGがあります、ボス戦はふたりいるだけで挑まれるから、敗北CGは3Pだけです。だけと今作多分ボス戦敗北CGも一種類だけです。

実は六欲姫の後日談でタッグシステムを試したいですが、でも元々完成したゲームだから、この要素を追加するなら本編のとあるステージを影響します。だから後日談の時ルースだけで操作できるで、ナーシは動けません...。


新作もよろしくお願いします。

===============

コメントを回答した時、英語版についてのことを少し話します、
前作はDLSiteの英語サイトにも販売していますが、でも英語のバージョンがないから、そちらのコメントは好評ですが、英語がないからちょっと残念のメッセージがあります。だから現在六欲姫はまだ英語サイトで販売していません、英語の翻訳を待っています。
(日本語と中国語と両方自分で書けるですが、英語はダメです… 専門の翻訳に頼まないでいかない)
元々八月で完成するが、事情があってもう一度翻訳の依頼を発注しましたから、多分今月で完成できます。

2017年10月26日木曜日

六欲姫ユーカ ルースが使用可能と後日談を追加しました。



お待たせしました、後日談の更新は完成しました、
後日談はゲームクリア以後、および新しい周回に入るなら、
機核空間に入れる時イベントを開始します。
そしてルースの機核空間を攻略可能になります。
(難易度設定はSTANDARDクリアしても攻略可能です)
ルースの機核空間をクリアするなら、直接に後日談に突入し、
そして後日談のステージはサブクエストに登録します。
後日談の一番のステージクリアすると、ルースが参入します。



今回追加したの内容は、
使用キャラ:ルース
ルースの敗北CG1つ。
後日談ステージ3つ、使用キャラはルース限定。
そして高難易度ステージ3つ。
前作からの敵1つ、
新規のボス1つ。
武器部品:ルースの専用装備2つと要望の支援攻撃不発の装備1つ追加。
専用BGM1つ、実はこの前に発売したOST内にも収録しました。
八番目の支援武器を追加。

-> Ver1.51
- 誤字修正
- 細かい不具合修正

-> Ver1.52
- 機核空間の不具合修正

-> Ver1.53
- パフォーマンス少し改善
- 一部リアルライムHシーン修正
- ギャラリーモードでウイルスの表現追加
- 細かい不具合修正

-> Ver1.54
- 認識遮断装置の不具合修正

================================
やっと後日談とルースの部分を完成しました。
これからのアップデートは事情があって日時を約束しませんが、
できるだけ早めに完成します。

そして実は次回作の企画は動いていますから、
こちの作業はまだ六欲姫を中心ですが、他の方は既に次回作を準備しています。
今月末の記事に少し情報を公開する予定です。

2017年10月13日金曜日

六欲姫ユーカ新しいバージョン(Ver1.10)を更新しました。




やっと後日談の開発進度は一段階なりました。開発中の内容の影響で不具合の発生することを心配ないと思います。だから追加したら元のバージョンに戻られない内容を追加する前にこの間の要望と不具合を対応します。

でも後日談の開発はまだまだです、暫くお待ちを。

Ver1.09->1.10
- 内容追加:
1. 難易度救済措置を設置します。
  KAKIN屋で難易度の変更ができます、でも難易度下がるだけ、上がるができない。

2. ギャラリーモードで汁の表示を切り替えることができます。

- 仕様変更:
1. 機核空間フロア50F以上の出現敵の種類が混雑化。

2. 敵のルースは少し変更。

- 不具合修正:
1. 機核空間のフロア問題修正します。

2. ドロップアイテムの問題を修正します。
  ドロップアイテムは手に届かない場所に落とすと直接にプレイヤーの場所にドロップします。

3. 細かい不具合修正。

2017年10月1日日曜日

六欲姫ユーカのアップデート開発進度.2




事情があって、後日談の開発進度は思ったより遅くなりました、そして今回シナリオのテキスト量は多分本編の半分くらい、校正の作業は多分時間をかかるから、アップデートの内容は十月末で完成できると思うが、テストとデバッグなどを含めって多分十一月でアップデートと思う。
もしそうならば、さっきにこの間の要望と不具合を対応します。


今作のルースについてを紹介します。

前作ルースは罪悪のコアの実験で機核覚醒しました、その研究所はルースで破壊しましたが、でも罪悪のコアは消しません。ルースの機核覚醒の研究データで、高確率で機核覚醒誘発する方法を見つかり、機核覚醒拡散計画を進行し、大量な覚醒ロボットを発生します。そして今作の機核反乱事件が発生しました。

ルースは罪悪のコアの計画を阻止して、一方は覚醒したロボットたちも被害者と思い、覚醒ロボットたちに何とかするを考える時、フインと出会いました。ロボットの国を成立したいの目標で、いろんな覚醒ロボットと接触して、ロボット軍団を作りました。人間にロボットを頼りすぎから、ロボットの反逆を止められない、コンピュータでコントロール先進の装備はなにも役に立つができない。でもその時は人間の反撃勢力が出現しました。その勢力のリーダーはルースの製造者であるウェリィでした。覚醒した時、覚醒以前の自分は別の者と思うルースは、元々は製造者のウェリィは何の感情にも持たないと思うが、でも何とかせめてウェリィを傷つけたくないの思いが生まれました。その思いは今作のカギになります。


この立ち絵は好きですが、本編で使う機会がないです。


現在後日談の完成度は 80%

2017年9月26日火曜日

機核覚醒~六欲姫ユーカ~ オリジナルサウンドトラック を発売しました



機核覚醒~六欲姫ユーカ~ オリジナルサウンドトラックを発売しました

http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ209424.html


楓雅九弥さんを作った13曲を収録しました。

ご興味があれば幸いです。

=========
元々後日談のアップデートを完成した時に発売予定ですが、
でも後日談の開発は事情があって遅れになりましたから、
オリジナルサウンドトラックを先に発売します。

そしてDLSiteの新しい登録システムを試してみます、実は早い、
昨日深夜で登録したなのに、現在は発売しています。

2017年9月1日金曜日

六欲姫ユーカのアップデート開発進度.1



ルース参戦についてのアップデートの開発進度を報告します。
八月はいろいろ事情があって、開発進度は遅くなった、現在の進度によれば、アップデートパッチを完成するのは多分十月です。

ルースのシステムはほぼ前作と同じ、特殊攻撃を使うの時電力を消費ではなく、ヒートの累積にします。ヒート量が100%以上ならオーバーヒートになります、オーバーヒート中は徐々にシールドが減ります。そしてEX技も健在、でも発動条件はまだ調整中です。

後日談の開発スケジュールはこのくらい:

1. ルースをプレイアブル化

2. ルース参入のシナリオ

3. 後日談のステージ1   <- 今ここ

4. 八番目の支援武器

5. ラボ内で会話

6. 後日談のステージ2

7. 後日談の新規ボス

8. 後日談のステージ3



後日談のステージ1は画像の通り、屋上の戦闘です。アクションゲームはよくある落とし穴は、実はこのシリーズはこの要素がないです、このステージはこの要素を入ります、でも即死ではない、落下しても死にません。そして後日談の敵は軍用のロボットで、元々のメガ民兵の上位バージョン、でもHシーンは一般民兵と同じです。

いろいろ設定的の会話を追加したいです、例えどうして軍用のロボットは全部全裸ですがなどそ説明を書きたいですが、でもステージ中のセリフが多いならテンポが悪いので、調整しています。